こんな塾です

弘前総合学習館A-SCHOOLってどんな塾なんだろう?と思った方はこちらをご覧ください。

普通の塾とは違うと思います。

自分でドンドンできる生徒、いまはできないけどできるようになりたい生徒は合う塾かと思います。

「塾は勉強を教えてもらうところ」という意識の生徒には合わないと思います。

以下をお読みいただき、こんな感じでよろしければぜひ個別説明会をご予約ください。

 


・なるべく教えない

 わからないことは自分で調べて考えるように指導していますし、小学生でもできる子は自分で丸付けをして、解説を読んで直します。

 たまに質問がほとんどない生徒もいますが、自分で考えてできているのであれば、それはそれでいいと思っています。ただ、「本当は質問があるのにできない」ということであれば自分の損となるため、頑張って質問しましょう。

 

・厳しくない

 ボーッとしている人、眠っている人には、1回だけ「頑張って!」と声をかけ、その後は何もしません。ダメなら「帰ってもいいよ」と優しく声をかけます。本人の責任です。

 

・気合を入れない。「勉強しなさい!」も言わない。

 勉強が日常生活の一部となるようにしたいと考えているので、気合を入れることはありません。顔を洗うときに、「よっしゃー!頑張って、顔を洗うぞ!!」という人はいないと思います。「朝、起きたから、顔を洗う」と同じように「勉強する時間になったから、勉強する」という感じにしたいと思っています。「さぁ勉強するよ~」と促すことはありますが、強制するニュアンスで「勉強しなさい!」とは言いません。

 

・すべてを塾で完結させなくてもいいと思う。宿題もない

 授業は多くても少なくても大丈夫です。塾の授業数が少なくても、自宅学習もしっかりして結果を出す生徒はいます。自宅学習が苦手という方は、機会損失とならないようにたくさん授業をとってドンドン勉強をしましょう。ただ、それにも限界がありますので、上を目指す生徒には、「得意は家で、苦手は塾で」と話し、少しずつ自宅学習ができるように促しています。

 また、宿題もありません。宿題漬けは「勉強嫌い・燃え尽き」の大きな原因となります。

 

・映像授業をメインには考えない

 最近、映像授業がはやりなのか、東進衛星予備校、ブロードバンド予備校、@willなど、映像授業を販売する塾が増えてきているように思います。そんなに高くなければいいのですが、結構お高めですよね。

 エースクールでは映像授業を今後も販売しないとは言いませんが、テキストに無料の映像授業がついているものもありますし、もし販売するとしても家計の負担にならないものにしようと思っています。

 なぜそう考えるかと言うと、 映像授業はあくまでも「おまけ」だからです。メインになってはいけません。塾の大部分の時間を聞くだけの映像授業に費やすのはもったいないです。今も必要な方にはスタサプを自分で契約していただいて、自宅で見るようにお願いをしています。

 エースクールでは、問題演習こそが大切と考え、問題演習がメインとなるように授業を構成しています。そして、わからないときは実力のある先生に質問できる体制を整えています。

 

・無音ではない

 幅広い学年の生徒が通っているので、無音ではありません。その無音ではない状態でも集中できるようにしましょう。ただし、生徒同士でムダ話をしているときは静かにするように注意します。

 

・自由

 アドバイスはしますが、勉強する内容は基本的に自分で決めます。学校の宿題でも、予習でも、難関学校の入試問題でも、自分の目標に合わせて勉強しましょう。

 集団塾に通っていると、勉強の内容は最初からすべて決められているので、塾に合わせる必要があります。塾に拘束されてしまうのです。これだと自分で考えることができず、指示待ち人間に育ってしまいます。エースクールでは、「自分の勉強は自分で決める」という攻めの勉強法で自らを成長させて欲しいと思っています。

 

・自分の限界に挑んで欲しいと思っている

 「わからない」、「できない」では先に進めません。自分で乗り越える経験ができるようにフォローします。いま使っているテキストが終わったら、次はもっと難しいテキストに挑戦していきます。進めるのであれば、次学年の勉強をしてもいいと思っています。

 

・新しい価値を創造できる人になって欲しいと思っている

 これからの社会では、ただ勉強のできる人はいらなくなります。「面白い暗記法をつくる」「勉強法を自分でつくる」、「公式をつくる」など自分オリジナルのものを何でもいいので生み出せるようになりましょう。

 

・テスト対策も自分で

  ある塾では、学校の先生の過去問を入手してテスト前に徹底的に演習をするという対策をしているようです。先生によってはテスト問題を使い回している場合があるので、そのまま出ることもあると思います。そうするとテストの点数は上がると思いますが、ただの暗記です。これからの高校受験や大学受験は、思考力重視で、ただの暗記で点数が取れるものではないと言われています。

 短期的に見れば点数が取れて良かったとなりますが、長期的に見ると、子どもの成長する力や思考力を奪っている行為だと思います。エースクールでは、そのような指導は絶対にしません。テスト範囲の勉強を学校と塾の問題集を使って、まんべんなく勉強するよう指導しています。

 テストのために勉強をしているのではなく、自分自身を成長させるために勉強を利用するという考え方で指導をしています。日々の勉強の中で、常に自分の勉強方法をアップデートすることして欲しいと考えています。どうしたらいいのかわからない人も、まずは1日1つずつ自分の勉強法を改善することから始めてみてはどうでしょうか。1日に1つでいいのです。気楽に気長に始めてみましょう。

 

・先生たちも授業中に勉強・仕事をする

 授業中、質問がなければ先生たちも勉強をしています。自分の担当教科の難しい問題や担当以外の教科を勉強します。塾長は、パソコンや事務仕事をしていることがあります。

 

・日曜日も授業があります

 日曜日も自習ではなく、通常授業を実施しています。しっかり質問ができますので、特に受験生は時間を無駄にしないように積極的に利用してほしいと思います。

 

・休憩時間が結構長い

 休憩時間が30分ほどの場合もあります。休憩時間は自由です。楽しめている生徒はいいのですが、苦痛そうに過ごしている子がはっきり分かれます。休憩時間の過ごし方というのも、頭を使って楽しく過ごしてほしいと思っています。勉強をしてもよし。動画を見てもよし。お菓子を食べてもよし。寝てもよし。何をしてもいいのです。いつどんなときでも、楽しい時間に帰る発想力をもってほしいと思っています。