ならいごと系講座

幼保小中高一貫では、勉強以外にもできる講座があります。

勉強以外の楽しいことから学べることだってたくさんあります。

 

①タッチペン英語

(幼保~小6)

 

 タッチペンでネイティブの音声を聞き、発音と書く練習をします。テストをして級が上がっていく仕組みのため、小さな成功体験を積み重ねることができます。

 タッチペン英語で大切にしているのは、英語に親しむこと。子どもが大人の会話を聞いて自然に話せるようになるのと同じで、英語もまずはたくさん聞いて話してみることが大切です。最初は文法などわからなくてもいいのです。小学生は「なんとなく」でOK。たくさんの例文を聞いておき、中学校で「この英文知ってる!」となれば勉強がスムーズに進みます。

 英語の先生がいる時間帯なら簡単な英会話をしてもOKです。

※タッチペン8,800円+教材費800円

 

 

②算数パズル・語彙パズル・図形パズル

(幼保~中3)

 ナンプレ(ナンバープレース)、数独、宮本式算数パズルや天才ドリル・語彙パズル(クロスワードパズル)を解きます。図形パズルもOK。教材選びは塾長におまかせください。塾長のおすすめは懸賞付き。どうせ当たらないとは思いますが、モチベは大切です。

 ちなみに塾長は、上級レベルのナンプレをクリアしたので、次は達人レベル。解けるかな…攻略法をみつけるのも楽しいです。

 

③算数オリンピック対策

(小1~中3)

 超絶難しい算数オリンピックの過去問に挑戦します。算数オリンピックの問題に慣れれば全統小の算数なんて簡単です。塾長も一緒に解いて、ヒントをあげます。どうしてもわからなければ解説を読み込んで、納得いくまで考えましょう。

④灘・開成チャレンジ

(小5~高1)

 有名私立中学・高校の過去問を解きます。難しい問題がたくさんありますが解説を読み込んで考えましょう。ヒントもあげます。灘・開成でなくてもOK。好きな中学・高校の過去問を解きましょう。

 

⑤YouTube

(全学年)

 塾でYouTube??ってビックリしました?色んな塾で、先生がYouTubeをしている例はありますが、子どもがYouTubeを作っているところはあまりないように思います。エースクールでは、塾生の皆さんにYouTubeを作ってもらい、完成した動画は塾チャンネルに投稿します。

 動画編集自体は切り貼りなのでプログラミングよりも簡単な作業ですが、凝るとすんごく時間がかかります。みんなカンタンに「YouTuberになりたい!」なんてことを言いますが、YouTubeをなめてはいけない!ということで、YouTuberでも何でもない塾長がYouTubeの大変さと楽しさをレクチャーします。

 また、最近のYouTubeって昔のように勢いでなんとかなるものではなく、企画をしっかり練りこんで、どんな動画の再生数が伸びるのかを考えて作り、問題点を探して修正し…を繰り返さないといけないもので、かなり頭を使うようです。これって、ビジネスそのものなんです。ビジネスには「答えのない問題を考える能力」必要です。楽しみながら、将来役に立つビジネス脳も手に入れてしまいましょう。