成績が上がる生徒の特徴

 

昨年度1位を取った生徒をはじめ成績を伸ばした生徒たちは勉強量を確保するため、時間を無駄に使わないように頑張っていました。ここでは、そんな成績を伸ばした生徒たちに共通する特徴を公開します。成績を上げたい人はぜひマネをしてみてください。予想外の結果が待っていること間違いなしです!

 

①毎日2コマ勉強する

※受験生以外はテスト期間中だけでも毎日2コマ勉強してください。

 

②早く来られるときは早く来る

※塾長がちょっと遅めの昼寝をして、ボーっとしていようがおかまいなし。

「じゃ、勉強してるんで!休んでてくださーい」という感じ。

 

③日曜日も自習室を利用する

※休みの日も自宅や図書館などで勉強できているのであれば問題ありません。

ただ、勉強できていないのに、「お金がかかる」、「ちょっと遠い」という理由で利用しないと時間を無駄にしてしまいます。

 

④宿題を早く終わらせて、プリントを解く。

※成績を伸ばす生徒はプリントを何度も「おかわり」します。テスト期間、塾長は「プリント印刷おじさん」と化します。

 

⑤平日の学校が休みの日は塾を早く開けられないか交渉する。

※成績を爆発的に伸ばす生徒は必ず「〇〇日は学校が早く終わるから塾を開けて!」と交渉します。私にとってはダラダラする時間が少なくなるので悲しいのですが、一方で、成績が上昇するきっかけとなる一言なので「お、来た来た!」と嬉しくもあります。ただその交渉を受け入れるのは、あくまでも、頑張っている生徒に限ります。

 

— 勉強の仕方とは?— 

よく「勉強の仕方がわからない」という相談を受けます。

まず、そういう人には「飽きるくらい、手が痛くなるくらいたくさん問題を解いているか」と聞きたいです。

「問題を解かなくても成績が上がる方法があるはず」なんて思ってないですか?

 

わかりやすい説明を聞けば成績が伸びる

いいノートがまとめられれば成績が伸びる

 

これは必要ではありますが、成績を上げるための十分な方法にはなりません。

成績を上げるためには、「問題をたくさん解く」ことです。

多くの塾は、わかりやすい説明をすることにこだわっています。

もちろん、エースクールの先生もわかりやすい説明はできます。

でも、それだけだと皆さんの伸びを最大限に引き出せないと思い、成績を上げるために必要な勉強量を確保できる通いホーダイを作ったのです。

この素晴らしい環境をぜひ十分に活用して欲しいと思います!